ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

飛行場の運用

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月1日更新

飛行場の運用は「大分県央飛行の設置及び管理に関する条例」及び 「大分県央飛行場の設置及び管理に関する条例施行規則]による。

運用時間

午前9時00分~午後4時30分

着陸料

離陸重量6トン以下 1,100円/回/1機 
離陸重量6トン以上 700円に6トンを超える重量が
    1トン増すごとに590円を加算し、1.10を乗じた額

停留料

離陸重量3トン以下 890円/24時間/1機
離陸重量6トン以下 1,781円/24時間/1機
離陸重量6トン以上 1,620円に6トンを超える重量が
    1トン増すごとに30円を加算し、1.10を乗じた額

格納庫使用料

離陸重量3トン以下 1,781円/24時間/1機
離陸重量6トン以下 3,563円/24時間/1機
離陸重量6トン以上 3,240円に6トンを超える重量が
    1トン増すごとに60円を加算し、1.10を乗じた額

飛行場の使用手続き

飛行場を使用したい場合は、あらかじめ大分県知事(大分県央飛行場管理事務所)に使用届を提出して下さい。

給油

給油をしたい場合は、あらかじめ大分県央飛行場管理事務所に連絡していただければ、準備します。

(A V G A S100の給油が出来ます。)


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください