ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 食の安全・安心のひろば > 有毒植物による食中毒に注意しましょう

有毒植物による食中毒に注意しましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月27日更新

有毒植物による食中毒を防止するために

全国的に有毒なきのこ等の有毒植物を食用の植物と誤って食べて食中毒になる事例も発生しています。

食用と確実に判断できない植物は、

  絶対に「採らない」、「食べない」、「売らない」、「人にあげない」! を徹底してください。

山菜狩りや家庭でのガーデンニングの際には以下の留意点にも気をつけるようにしましょう。

家庭での有毒植物による食中毒防止法について

 (1)家庭菜園や畑などで、野菜と一緒に栽培するのはやめる。

 (2)食用の植物だと思っても、植えた覚えのない植物を食べるのはやめる。

有毒なきのこによる食中毒防止法について

 (1)確実に鑑定された食用きのこ以外は絶対に食べない。

 (2)きのこの見分け方の「言い伝え」を信じない。

 (3)図鑑の写真や絵に当てはめて、素人判断をしない。

 (4)食用きのこでも、生で食べたり、一度に大量に食べると食中毒になるものがあるので注意する。

参考

有毒植物に要注意チラシ [PDFファイル/262KB]

高齢者の方向け有毒植物食べないでチラシ [PDFファイル/1.29MB]

全国の有毒植物による食中毒発生状況は厚生労働省ホームページ(有毒植物による食中毒に注意しましょう)をご覧ください。

有毒植物による食中毒情報については公益財団法人 日本中毒情報センターの中毒情報データベースをご覧ください。

  食中毒めぐみちゃんきのこ
 

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください