ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 環境保全課 > 亜鉛含有量に係る暫定排水基準の見直しについて(平成28年12月11日施行)

亜鉛含有量に係る暫定排水基準の見直しについて(平成28年12月11日施行)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年12月11日更新

 金属鉱業、電気めっき業及び下水道業の皆さんへ
(下水道業は、金属鉱業又は電気めっき業の排水を受け入れているものに限ります)
 「排水基準を定める省令等の一部を改正する省令の一部を改正する省令」が公布され、平成28年12月11日から施行されます。

改正の経緯

 水質汚濁防止法に定めるその他の項目のうち、亜鉛含有量に係る一般排水基準が5mg/Lから2mg/Lへ、平成18年12月11日より強化されました。

 この物質を排出する工場・事業場のうち、直ちに一般排水基準を達成することが困難な10業種について、5年間の期限で暫定排水基準が設定されました。その後、平成23年12月に暫定排水基準の見直しを行っており、現在では3業種について暫定排水基準が設定されています。

 今回の改正は、現行の暫定排水基準が平成28年12月10日をもって適用期限を迎えることから、3業種について平成28年12月11日から平成33年12月10日まで暫定排水基準の適用期限の延長について定めるものです。

 なお、平成33年12月11日以降は、一般排水基準が適用されますので、準備をお願いします。

改正の概要

業 種基準値(mg/L)
現行H23.12.11~H28.12.10改正後
H28.12.11~H33.12.10
金属鉱業55
電気めっき業55

下水道業

(金属鉱業又は電気めっき業の

排水を受け入れているもので

*一定の条件を満たすもの)

55

*一定の条件とは、次の算式により計算された値が2を超えることをいいます。

ΣCi・Qi/Q

 Ci…当該下水道に水を排出する下水同法上の特定事業場ごとの排出する水の亜鉛含有量の通常の値(mg/L)

 Qi…当該下水道に水を排出する下水同法上の特定事業場ごとの排出する水の通常の量(㎥/日)

 Q…当該下水道から排出される排出水の通常の量(㎥/日)


改正の詳細については、下記の環境省のホームページをご覧ください。

「排水基準を定める省令等の一部を改正する省令及び水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令の一部を改正する省令」の公布について


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください