ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 公営住宅室 > 県営住宅の連帯保証人制度・家賃債務保証制度に関するおしらせ

県営住宅の連帯保証人制度・家賃債務保証制度に関するおしらせ

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月1日更新

令和2年4月1日から県営住宅の連帯保証人制度が変わります!

 条例改正により、令和2年4月1日から、県営住宅への入居の際に必要な連帯保証人に関する制度が次のとおり変更となります。(※制度の変更に伴って、入居中の方が直ぐにしなければならない手続きは特にありません。)

連帯保証人の人数変更と極度額の設定

 入居の際に2名必要だった連帯保証人が1名になります。また令和2年4月1日以降、新たに連帯保証人となられる方は家賃の12ヵ月分を保証上限額とする極度額が設けられます。

 

家賃債務保証制度の導入

 連帯保証人に代わって、大分県が指定する家賃債務保証業者と保証委託契約を締結することができる制度を導入しました。

▼▼「家賃債務保証業者」の指定を希望する業者の方はこちらをクリックしてください。▼▼

   家賃債務保証業者指定基準 [PDFファイル/60KB] 

   大分県との協定書(R2年4月3日修正版) [PDFファイル/3060MB] 

緊急連絡先の届出

 入居の際に連帯保証人の連署または保証委託契約の締結と合わせて、緊急連絡先の届出が必要となります。(連帯保証人と兼ねることもできます。)

※ なお、上記の連帯保証人等については、やむを得ない事情があるときは免除となる場合があります。

  詳細については、下記問い合わせ先までご連絡ください。

 

【 お問い合わせ先 】

 大分県住宅供給公社 県営住宅管理課  Tel 097-532-5137

 大分県土木建築部 公営住宅室        Tel 097-506-4684


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください