ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農村基盤整備課 > ため池百選 ~野依新池~

ため池百選 ~野依新池~

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月1日更新

 農林水産省が選定した「ため池百選」に、中津市野依の“野依新池”が選ばれました。

ため池の概要

 野依新池は、中津市東部の自然豊かな場所に位置し、古くから農業用のため池として利用されてきており、現在も約30haの水田を潤す水源となっています。

 都市化による環境悪化の影響を受けおらず、良好な水環境が残され、多くの希少生物が生息しているこの池は、ベッコウトンボの数少ない繁殖地であり、またコバネアオイトトンボ等同種約50種の生息が確認されています。

 トンボの観察会が開催される時期には、市外からも多数の参加者が訪れます。

 現在は、野依地区住民の方々や「大分トンボの会」、ボランティア等の協力により、トンボの産卵に必要な環境保全のために池や周辺の除草・清掃などの活動が行われており、この池が地域活性化の核ともなっています。

     野依新池

位置図


より大きな地図で 野依新池 を表示

リンク


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください